差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
pc:lecture:unity:ex2 [2019/06/11 12:24]
editor
pc:lecture:unity:ex2 [2019/06/28 13:54]
editor
ライン 10: ライン 10:
 2-1. **Ball.cs** 2-1. **Ball.cs**
 <code csharp> <code csharp>
 +using System.Collections;​
 +using System.Collections.Generic;​
 +using UnityEngine;​
 +using UnityEngine.UI;​ //追加
  
 +public class Ball : MonoBehaviour
 +{
 +    //​ボールのスピードを定数として設定
 +    private const float SPEED = 640;
 +
 +    //​Rigidbody2D型の変数を定義
 +    Rigidbody2D rbody;
 +
 +    void Start()
 +    {
 +        // このGameObjectに付与されている物理演算コンポネントを取得
 +        rbody = gameObject.GetComponent<​Rigidbody2D>​();​
 +        // 画面描画用のCanvasを取得
 +        var canvas = GetComponentInParent<​Canvas>​();​
 +
 +        //​乱数でボールを動かす方向のベクトルを決定
 +        var directionX = Random.Range(-1.0f,​ 1.0f);
 +        var directionY = Random.Range(0.2f,​ 1);
 +
 +        // ボールを動かす向き:ランダムで出たベクトルの方向
 +        // normalized(正規化)で大きさを1のベクトルに
 +        var direction = new Vector2(directionX,​ directionY).normalized;​
 +
 +        // velocity(速度)を設定する。
 +        // この速さは秒速。上でdirectionの大きさは1にしているので1*640=640が速さになる
 +        rbody.velocity = direction * SPEED * canvas.transform.localScale.x;​
 +    }
 +}
 </​code>​ </​code>​
 ++++ ++++
pc/lecture/unity/ex2.txt · 最終更新: 2019/06/28 13:54 (外部編集)
Recent changes RSS feed Debian Powered by PHP Valid XHTML 1.0 Valid CSS Driven by DokuWiki